ほうれい線を消したい女性必見!

ほうれい線を消したい女性必見!

 

ほうれい線を消したいけどどうやってケアしたらいいかわからない!

ほうれい線に効く化粧品

でもご安心ください。ほうれい線を消すには日常できる簡単なケアをするだけで、今よりグッと若返ることができるんですよ!

 

30代・40代をすぎると途端にお肌の老化現象が始まって、シワやシミ・ほうれい線などができ、急に老け込んできたりしますので、正しい年齢肌対策を行って、いつまでも若くきれいな女性でいられるようにしていきましょう!

 

ほうれい線を消したい人に必見!!

 

当サイトでは、ほうれい線を消す化粧品からマッサージの仕方・ケアの仕方まで年齢肌対策をばっちりサポートしていきますので、ごゆっくりご覧ください!

 

本当に簡単なことから年齢肌対策やほうれい線のケアまでできてしまいますから!

ほうれい線

ではまず、なんで簡単にほうれい線ケアができるかといいますと

日常行うようなお肌のスキンケアと一緒にケアできる!

早めに行うことでほうれい線の溝がふかくなる前に対策できる!

このように普段日常のスキンケアにちょっと取り入れてあげるだけでほうれい線ケアができてしまいます。

 

ほうれい線の原因

 

ほうれい線の原因には主に加齢による頬のたるみ・普段の生活の中で影響を及ぼすライフスタイル・紫外線による肌のダメエージ・乾燥のよるお肌のダメージなどが、ほうれい線をつくる原因となっています。

 

1・加齢のよるほうれい線

年齢とともにコラーゲンやエラスチンが減少していきます。

これらの成分はお肌の弾力を保つ上で非常に重要な成分です。

これらが減少することによって、肌は弾力を失って、頬の脂肪を支える皮膚組織がだんだんとたるんできて、頬の位置が下がり、口元にほうれい線ができてしまいます。

 

加齢によるほうれい線を消すには、マッサージやエクササイズでお顔の表情筋を鍛えて、お顔を引き締めてあげましょう。

 

2・ライフスタイルが及ぼすほうれい線

 

普段、猫背や肩こり、首こりがひどい人は要注意です!最近ではスマホで前かがみになっている時間が多い方も多いんじゃないでしょうか。同じ姿勢で長い時間ずっといると、肩甲骨周辺から僧帽筋(肩からに背中にかけての筋肉)が固くなっていきます。

 

頭、顔、体の筋肉は全部つながっているので、ここの筋肉が固まってしまうと、顔の筋肉も固くなってしまい、血流が悪くなっていって顔のたるみやほうれい線の原因となっていきます。

 

普段何気なくしている習慣があぶない!!

 

ポニーテール・頬づえ・片方だけで噛む癖・急激なダイエット

 

これらの何気ない習慣も原因となってきます。ポニーテールはずっと髪をひっぱり続けることによって後々たるみの原因となります。頬づえをよくやる人は、顔の脂肪に強い圧力がかかってしまい、次第に脂肪が移動し支持組織が間延びしていき気がつくとたるみが出来てしまいます。

 

片方だけで噛む癖はだんだんと顔の歪みを引き起こし、筋肉のバランスが悪くなって頭痛や肩こりの原因ともなって片方だけほうれい線が濃いなどといったことにもなりかねます。

 

急激なダイエットは、急激に体重を減らすための過度な食事制限やカロリー制限をすることによって、ストレスやコラーゲンの減少・栄養素の減少でお肌の弾力がなくなっていき、ほうれい線を目立たせる原因ともなってしまいます。

 

ですからダイエットをするときはうまく栄養素を取りながらダイエットするようにしてください。

 

 3・紫外線

 

紫外線は、肌表面にダメージを与えていきます。

紫外線にはB波とA波があるのですが、A波は肌内部(真皮層)にダメージを与えます。真皮にまで入り込んできます。

 

このA波が真皮にまで入り込む事で、ほうれい線、シワ、たるみの原因を引き起こします。真皮層には、肌の弾力を生み出すコラーゲンが存在していますが、紫外線を浴びることによってコラーゲンは変性してしまい、たるみを引き起こしてしまうんです。

 

ですから、普段から早めにしっかりUVケアのスキンケアしておけば、顔のたるみ=老化の防止になり、ほうれい線も目立つことは無くなっていくということです。

 

4・乾燥

 

肌の乾燥は肌を守るバリア機能が低下してしまうため、紫外線などの外的ダメージ受けやすく非常に敏感な状態です。肌が乾燥すると、肌表面(表皮)の保湿力や抵抗力が低下して、新陳代謝(肌の生まれ変わり)が乱れ、肌のハリが失われていきます。

そのため、顔のたるみの原因やシワ・シミの原因ともなってしまうのです。

 

ですから普段から乾燥対策のスキンケアはしっかり行っておきましょう。

 

ほうれい線を消したい!

 

そんなあなたに、ほうれい線対策をどのように行うかというと・・・

保湿を心がける

栄養のバランスに気を付ける

ストレスを溜めない

紫外線をできるだけ浴びない

これらのことに気をつけるということにつきます。

 

最近のスキンケア化粧品はどれも保湿を念頭に開発されていますし、使用するほうも肌の保湿をしたいから利用しますよね。

 

あとは紫外線防止クリームを塗ったり普段の日常生活や生活をきをつけて実行できるものばかりです。

とっても簡単ですよね。

 

あとは、ほうれい線・顔のたるみ対策を意識する場合は、顔の筋肉を鍛えて表情筋の老化・衰え防止にも気を配ってくださいね。

 

30代・40代を過ぎると、途端に肌・顔の老化現象がおきてきますので、しっかりと年齢肌対策を行っていつまでも若く綺麗でいられるようにがんばっていきましよう^^