ほうれい線を予防するためには!?

ほうれい線を予防するためには!?

ほうれい線を予防するためには、自宅でケアできることが幾つかあります。

 

ほうれい線予防

まず1つめにマッサージがあります!

マッサージは顔や頭のコリをほぐし、血行を良くしたりする際に用います。ほうれい線の予防するためにも顔の筋肉をほぐして血の巡りを良くして、リンパの流れが良くサラサラと流れるようにすることが効果的です。

 

頭皮のマッサージ方法

 

お顔のほうれい線だというのに、どうして頭皮をマッサージしないといけないの?とクエスチョンに感じるのではないでしょうか。

 

お顔の皮膚と頭皮は結びついていますので、頭部の肌を揉みほぐして頭皮を柔らかくしておくことによって、お顔への血流が良くなり、お肌にとっても良い効果が期待出来ます。

 

お顔のたるみは、ほうれい線の原因の一つで、表情筋の衰えやお肌のハリの衰えにより生じます。ヘッドマッサージで頭皮も心もサッパリとすれば、顔の表情がイキイキだけでなく、お顔全体の表情筋が引き上がってくるのが分かります。

 

touhimassage

 

ヘッドマッサージと言っても難しいことは一切ありません。シャンプーの時や仕事の休息時間、お家でテレビを見ている時間などを利用して、心地良いと思う頭のツボを軽く押すだけでオーケーです。本当に簡単なので是非続けてみてくださいね。

 

頭頂部の押し方:最初に頭を両方の手で包みこむようにしながら左右の手の人差し指と中指、薬指を使って頭頂部を押していきます。ツボが分からなくても、ご自分で押してみて心地よいところを押してみましょう。

 

上から下へと頭と首を押す:次に頭と首のツボを押していきます。上から下へとおしていくことで、リンパの流れが良くなり老廃物が排出されやすくなります。耳の後ろ側のくぼんだあたりには、頭のツボがあります。襟足のくぼんだあたりには、首のツボがあります。頭頂部、頭のツボ、首のツボと、順番に押していきましょう。

 

 

たった3分でできる顔のマッサージ方法

 

ヘッドマッサージを行ったことによりお顔のリンパの流れが改善されたところで、次にほうれい線になりやすい口の周りを優しくマッサージしていきましょう。

 

 

1.鼻の両脇のほうれい線ができる周辺を舌で口の内側からグイッと押す様にし、そのままの状態で上からさらに人差し指で押してつまむように、左右5秒ぐらいを目安におこなっていきます。

小鼻の横から口角の横まで、親指と人差し指を使ってこまかくつまみます。この動作を2回行います。

 

2.次に人差し指でほうれい線に沿うようにお肌を上に押し上げてくように押していきます。この動作を2回行います。

 

3.指先を伸ばし、鼻の両脇に親指とそれ以外の4本の指がL字になるようにし、親指をアゴの下、人差し指を鼻のラインに沿って口からコミカミまであてていきます。

 

4.次に中指と薬指を使い、コメカミ⇒耳の横⇒耳の下⇒首筋と人差し指と中指でVの字のようにして鎖骨の脇を左右交互に2回ずつ流していきます。

ラストは親指以外の4本の指で鎖骨⇒左右の脇の下に向かって2回ずつ流していきます。

 

※マッサージのコツはお肌を摩擦で痛めないようにしっかりと押さえていきましよう!

 

いかがでしたか!?

 

顔の筋肉は使用しないと老化していくので適度に動かしてあげましょう。

 

逆に頑張り過ぎても細胞を壊してしまいますので、痛気持ちイイというぐらいにし、だんだんとレベルアップしていきましょう。

 

決してやり過ぎは駄目ですよ^^

 

今回ご紹介したマッサージ方法は、ほうれい線を予防・改善するのみならず、顔の表情筋も鍛えられますので、しだいに若々しいお顔へと変わって行くと思いますよ!

 

たった3分もあればエクササイズはできますので、湯船に浸かっているときやテレビを見ながらでもできる簡単なマッサージです。

 

是非、毎日実施して、ほうれい線を予防し、今よりも若々しいお肌を手に入れてくださいね^^

 

 

関連記事

  1. 頬のたるみの原因と解消方法
  2. ほうれい線ができないようにするためには!?原因と対策方法
  3. 加齢によるほうれい線を消すには!?
  4. ほうれい線を消す方法はコレがオススメ!
  5. ほうれい線の原因は!?なんでできてしまうの!?