加齢によるほうれい線を消すには!?

加齢によるほうれい線を消すには!?

年齢とともに顔が垂れ下がってきてほうれい線も濃くなってきますよね!

では加齢よるほうれい線を消すにはどうしたらいいのでしょう!?

ほうれい線

老化によってお肌、筋肉のたるみが出来て頬が下がり、線となって現れるしわってほんと見てるとつらいですよね。

ほうれい線があると、見た目も年齢もグッと上がってしまいます。

 

このほうれい線で悩んでる方は多いかと思います。
ほうれい線が出来る原因をしっかりとしることで、原因や思い当たる事がちやんと見つかると思います。

 

原因を意識しながらちゃんとお手入れする事で、お肌は必ず応えてくれます。

 

ほうれい線が出来る原因は一つではありません。

 

年齢を重ねるに従って、肌のたるみや筋肉の衰えなど、老化が原因で起こる事はもちろんの事、紫外線による光老化やお手入れ不足によるお肌の乾燥、スキンケアに関わる事など、また血行不良による冷えや肩こり、偏食や急激なダイエット、喫煙や過度の飲酒など体内・体外的な原因から生活習慣に至るまで、様々な原因が重なってほうれい線が出来てしまいます。

 

では、これらの原因がなぜほうれい線を作ってしまうのか、一つずつ説明していきましょう。

 

まず、加齢による肌のたるみですが、たるみは肌のハリや弾力が失われる事で起こる老化現象です。

 

表皮の下にある真皮といわれる層のコラーゲンやエラスチンが表皮を支えていますが、老化によって真皮が衰えたり、生成がされずらくなると弾力やボリュームが無くなり、皮膚がたるんでしまいます。

 

ここに、表皮・真皮・皮下組織と言われるものがありますが、お肌は3つの層に分かれていて、この真皮の部分にコラーゲンやエラスチンがあります。

例えばスプリングマットのように、下から表皮を支えているのですが、ここが衰えると真皮がつぶれてしまって、表皮が下がってしまい、たるみ起きてしまいます。

 

次に筋肉のたるみですが、毎日たえず動いてる顔の筋肉は疲れてこっています。
凝った状態を放っておくと硬くこわばってきたり、血行不良を招き、柔軟さを失う事でたるみが生じてきます。

 

また、どちらかに偏った噛み癖も筋肉のバランスを崩し、片方にだけほうれい線が出来てしまったりと、たるみの原因となってしまいます。

 

まず、加齢によるほうれい線を消すには、筋肉などが弱ってたるんでくることが多いので、お顔のトレーニングをすることをおすすめします!

 

⇒エクササイズに進む

 

 

その次に夜寝る前にほうれい線を消すための化粧品でしっかりスキンケアすることです!

⇒ほうれい線を消す化粧品へ

関連記事

  1. ほうれい線を予防するためには!?
  2. 頬のたるみの原因と解消方法
  3. ほうれい線ができないようにするためには!?原因と対策方法
  4. ほうれい線を消す方法はコレがオススメ!
  5. ほうれい線の原因は!?なんでできてしまうの!?