頬のたるみの原因と解消方法

頬のたるみの原因と解消方法

頬のたるみの原因と解消方法

 

ここでは、頬のたるみの原因と解消方法について解説いたします!

 

年齢とともに現れてくる症状の一つに頬のたるみが挙げられます。

頬のたるみは以下のように3つの原因があると言われています。

乾燥
肌が乾燥してしまうと保湿成分をキープすることができなくなり肌のハリと弾力を失って頬がたるんできます

紫外線
紫外線を浴びると肌の弾力のもとになるコラーゲンやエラスチンといった線維が壊されて肌を下から支える力が衰えてしまいます
歳を重ねると体内で作られるコラーゲンも減少します
この減少と紫外線が合わさってコラーゲンが不足してたるみが起こります

筋肉の衰え
顔の表情筋が衰えると顔全体がたるんできます
顔のたるみは背中に存在する僧帽筋と密接な関係にあります
僧帽筋が固いと顔全体を後方から引っ張る力がなくなり表情筋の動きが鈍くなって頬のたるみが現れてきます

更に日頃の食生活の乱れも頬のたるみに大きな影響を与えると言われています

 

頬 たるみ

頬のたるみを解消する方法

上記の3つの原因の中で特に効果的なのは筋肉に対してアプローチする方法です 僧帽筋は後頭部から背中にかけて存在する筋肉です。
この僧帽筋は肩甲骨を支えて動かす役目と前述した通り顔全体を後方に引っ張る役目があります。
つまり僧帽筋が固くなることで頬のたるみが起こるわけですから僧帽筋を柔らかくしてあげれば良いのです。
それにはストレッチが効果的です。

首のストレッチ
1 首を前後にゆっくり倒します。
2 右手を頭にのせて首を右側に倒して首の筋肉を伸ばしてあげます。
反対側も同じように行います。

僧帽筋のストレッチ
1 頭上で両手を組んで腕を伸ばしながら背伸びをします。
2 その状態から組んだ両手を前方へ出して背中の筋肉をしっかり伸ばしてあげます。
3 再び頭上で両手を組んで今度は後方へ腕を伸ばして胸や腹の筋肉を伸ばします。

肩甲骨のストレッチ
1 後ろで両手を組んで肩甲骨を引き寄せながら顔を真上に上げて10秒間キープします。
これを3回繰り返して行うと効果的です。

これらのストレッチを続ければ頬のたるみは解消していきます。
スキンケアで頬のたるみを改善するのも良いのですが身体本来の機能を回復させることも大切なのです。

ダイエットによる急激な体重減少や痩せたり太ったりを繰り返すといったことは肌のたるみを招いてしまいます。
これはダイエットを行なうことで皮下脂肪が急に減ってしまうと新陳代謝が追いつかなくなって余った皮膚がたるんでしまうからです。
また リバウンドして皮下脂肪が増えると逆に皮膚は伸びてしまいます。
このようにダイエットは皮膚を老化させる原因にもなって頬のたるみも加速させてしまうのです。

顔のたるみが解消すると5歳は若く見えると言われていますから ぜひ紹介したストレッチを行なって頬のたるみとサヨナラしちゃいましょう!^^

関連記事

  1. ほうれい線を予防するためには!?
  2. ほうれい線ができないようにするためには!?原因と対策方法
  3. 加齢によるほうれい線を消すには!?
  4. ほうれい線を消す方法はコレがオススメ!
  5. ほうれい線の原因は!?なんでできてしまうの!?