ほうれい線ができないようにするためには!?原因と対策方法

ほうれい線ができないようにするためには!?原因と対策方法

ほうれい線の原因と対策方法を知ればほうれい線はできない!?

 

 

1・紫外線によってほうれい線ができる

 

ほうれい線やしわ・たるみ・シミの原因は紫外線がかなり影響しているといわれています!

 

UVケアをしっかりしていないといつの間にか老化現象をおこしているかも!

ほうれい線消す方法

 

その結果、お顔のシワやほうれい線が目立ってきていませんか!?

紫外線による老化現象がかなり影響しているのですが、紫外線による肌のダメージはシミばかりではありません。

 

紫外線を浴びてしまう事によって、真皮にあるコラーゲンやエラスチンという弾力を司る成分が分解されてしまったり、劣化し硬くなってしまうことでシワが深くなってしまいます。
顔の表皮が乾燥したりすると、表面が硬くごわついた感じになり、シワが出来やすくなります。
気がついた時は、うっすらと見える程度かもしれませんが、そのままにしておくとそれが徐々に深くなり、たるみが起こった時にくっきりとしたほうれい線となって現れてしまいます。

 

 

2・冷えや肩こりによってできるほうれい線

 

よく血行不良になって、冷えや肩こりが起こりやすくなって、そのことで『肩こりでもほうれい線ができてしまうの?』、という事を聞かれますが、血行が悪くなる事により、肌に十分な栄養が与えられず、老廃物や余分な水分も排出しずらくなりますので、新陳代謝を低下させてしまいます。

 

また肩こりは、お顔の筋肉と繋がっている肩の僧帽筋と呼ばれる部分が硬くなってしまい、お顔の筋肉をひっぱってしまいますので、お顔全体が下垂しや
すくなります。

 

 

3・ダイエットによってできるほうれい線

また、ダイエットや偏食によって、お肌に必要な栄養素、特にタンパク質やビタミンA・C・Eなどが不足すると、コラーゲン増殖機能や再生力を低下さ
せます。

 

またコラーゲンやエラスチンがある真皮という層の下には、皮下組織と呼ばれる脂肪の層があるので、皮下組織が急激に痩せてしまう事で脂肪の層が減り、
弾力を失う事もあります。

 

お顔の表皮の面積はあまり変わらないのに、皮下脂肪、皮下組織の部分が薄くなってしまったり、真皮のコラーゲンやエラスチンの量も減ってしまう事によって、お顔
というのは立体のものが表皮の面積が変わらないのに、中だけ減ってしまい、そのまま下垂してしまうという事が考えられます。

 

 

4・喫煙や飲酒によってできるほうれい線

喫煙は、美肌にはよくないと言われ、肌にダメージを与える原因ともなっています。たばこはビタミンCを壊し、活性酸素を増加させます。

また、ビタミンCが不足すると、血管が弱くなり、コラーゲンが減少しやすくなります。

 

過度の飲酒もお酒を飲みすぎる事によって、肝機能が低下します。
またアルコールを分解するために、ビタミンB群やミネラルなどを多く消耗しますので、お肌に十分な栄養が行かず、新陳代謝も低下させます。

 

このようにほうれい線は紫外線・血行不良・喫煙・飲酒などさまざまな要因が重なることによって、だんだんとほうれい線ができてしまってきます。

 

ですから、ほうれい線をできないようにするためには、外にでるときには曇りでもUVケアをしっかりして紫外線からお肌を守る!

 

そして、飲酒や喫煙などをなるべく控えて規則正しい生活をこころがけましょう!

 

ほうれい線ができてしまったら!?

 

ほうれい線を消す方法

関連記事

  1. ほうれい線を予防するためには!?
  2. 頬のたるみの原因と解消方法
  3. 加齢によるほうれい線を消すには!?
  4. ほうれい線を消す方法はコレがオススメ!
  5. ほうれい線の原因は!?なんでできてしまうの!?